〜リレーでころんだ子に… の巻〜
年少さんがリレーをしていたよ!

「のびのび充実保育」

よーいスタート! リレーがはじまりましたよ!! 
あれれ〜、ころんじゃったー。
とっさに保育者の方をみました。 
保育者をみて安心したようです。
とんできてくれたのはおともだちです。
保育者は日頃のこの子の様子や、ころんだ時の表情等から、あえて余計な手や口を出さないで、見守りました。
大丈夫? うん。 自ら立つ姿が見事でした。
ふたたび走り出しました。
保育者の思いが届いたのでしょうか?
無事次の子にバトンを渡しました。
保育者は傷の確認をしています。
そして褒め、認め、共感します。助けに行ってくれた子への感謝も忘れません。
日頃からの信頼関係づくりがうかがえるひと時でした。
1.子どもとの信頼関係づくりを重視します。
2.子どもの情緒が安定していきます。
3.思いやりのある子が育ってきます。
4.他の子を思いやる姿が見られるようになってきます。

子どもが課題に気づき、子ども同士が育ち合う。
子どもが主役の のびのび充実保育。
もどる

topへもどる